代々木VILLAGE by kurkku

「代々木VILLAGE by kurkku」は、小林武史を中心とした株式会社KURKKUがコンセプトプロデュースを担当し、デザイン、内装、レストランなどを各界の日本を代表する方々が手がける“こだわり”を追求しつくした新商業施設。

代々木VILLAGE by kurkku

総合プロデューサーとして、小林武史が施設全体の基本設計を行うとともに、最高峰の音響設備を導入し、音楽を最良の音質でお酒とともに楽しめる「MUSIC BAR」をプロデュース。
インテリアデザインはcolette(パリ)、OZONE(The Ritz-Carlton, Hong Kong 118F Bar/Lounge)等をプロデュースしたインテリアデザイナー・ワンダーウォール片山正通氏が担当。

代々木VILLAGE by kurkku代々木VILLAGE by kurkku

さらに、敷地の大部分を占める庭は、プラントハンターと呼ばれる西畠清順氏(そら植物園 代表)が全面プロデュース。個性豊かな植物たちがファンタジックな空間を演出します。

その他、メインレストランとなる「code kurkku(コードクルック)」やカフェやベーカリーなど生活を豊かにする店舗が集まった、ここでしか味わうことの出来ない、夢のコラボレーションが実現した「代々木VILLAGE by kurkku」。