kurkku


2010年 9月

2010.09.29 (Wed) かぼちゃはじめました
pumpkin.jpg

だいぶ秋めいてまいりました。

kurkku 3のジェラートは季節の野菜や素材を使っているので、
旬の味を楽しんで頂けるのが特徴。

しかし! その反面、
その季節以外では食べられないというレア感もあるのです。

そもそもそういったコトで、
季節や時間の移り変わりを感じるものですもんね。

昨年11月のオープン時に大人気だったフレーバー、
“かぼちゃ”が、今年もスタートしました!
早速女性陣に大人気です。
美味しいジェラートを食べながら表参道の景色を見て、
季節の変わり目を感じてみてくださいませ。
2010.09.27 (Mon) 貸切パーティ

最近恒例で、kurkku 3でパーティしてくださってる、

株式会社スパイアさまが、先日もまたまた貸切。

景気がエエですなー!
spihour.jpg

人の出入りはあるものの、100人近く来て頂きました。
kurkku 3はそりゃもうお祭り騒ぎさ!!

kurkku 3では貸切ビュッフェメニューは、
毎回シェフの和也が考えてます。
お客様のリクエストに合わせて、
お好みのメニューを考えたりもします。

今回は季節もだいぶ秋めいてきたので、モンブランをご用意。
sweets.jpg

kurkku 3のパティシエ、英里がココロを込めて作っております。
瞬間で無くなってましたが……。

kurkku 3では色々な人に合わせた営業スタイルが可能です。
ぜひkurkku 3でパーチー、してみませんか?

Read the rest of this entry »

2010.09.03 (Fri) YinYangNight2010レポート
先日、kurkku 3でコンセプトイベント、”YinYangNight2010″が行われました!
これは、”人と人の出会いと繋がり”をテーマに、
文筆家、漢方スタイリストの吉田揚子さんによる漢方のワークショップと
kurkku 3のフードを楽しめるというエコメラなイベント。
当日は、40名近い方が参加してくれて、大いに盛り上がりました。
ワタクシ、亮太がナビゲーターとして、
今回の講師でもある吉田揚子さんとのトークで幕を開けましたよ。
k3-0903-01.JPG
ここで参加者一人ひとりのカラダのタイプ診断
(血の巡りが悪い、水の巡りが悪い、代謝が悪い等)をして、
それぞれの方々にはどんな漢方の素材がいいかというレクチャーを行いました。
そして、各々に把握してもらったトコロで早速食事タイム!
この日は吉田揚子さん監修のもと、夏バテ対策や秋に向けた体づくりを
テーマにした季節の食材を使ったオリジナルコースをシェフの和也が考案。
k3-0903-02.JPG
美味しくてカラダにいい料理で参加者の方々の反応は上々!!
k3-0903-03.JPG

k3-0903-05.JPG
この日の目玉は、先ほどのタイプ診断別に用意した体質改善の為の食材を、
kurkku 3の蕎麦に思いおもいにトッピングしてもらうというもの。
k3-0903-06.JPG
自分のカラダの改善したい所をピンポイントの食材で良く出来るわけです。
皆さん、アドバイスをもとに
楽しそうにご自分のお蕎麦にトッピングしてましたなぁ。
k3-0903-07.JPG
この日のバーメニューにもオリジナルカクテルをご用意。
吉田さんが自ら作られた漢方ドリンクを、
kurkku 3オリジナルレシピにて用意しました。
漢方コーク、黒酢サワー、そして山形の美味しいラ・フランスジュースです。
k3-0903-08.jpg 
k3-0903-09.jpg

k3-0903-10.JPG
最後のスイーツタイムには、またもや先ほどのタイプ別診断にもとづいて、
自分のカラダに効く漢方茶を参加者自らがブレンド。
k3-0903-11.JPG
k3-0903-12.JPG
k3-0903-13.jpg
k3-0903-14.jpg
終始、カラダにいいイベントになりました。
今回のイベントを通じて思ったのは、
漢方ってムズかしい事ではないというコト。
そもそも漢方というのは中国のイメージが強かったけど、
ホントは日本固有の医学なんですって。
生薬の配合や調合の事をさすんですが、
この”生薬”というのも”薬”という事ではなく、
もともと天然由来の成分なんです。
だから”漢方”という響きで”薬”だったり、
なにか特別な”調合”をイメージしがちだけど、
本来は普段の食生活の中の食材の種類や摂り方自体が漢方なのです。
普段何気なく食べてる食材一つひとつに、
カラダへの効能が隠されてるんですねぇ。
それを知らないで食べるよりは、知って食べた方が効能もアップする。
そりゃそうですよね。
まさしく、kurkku 3が掲げる
“新・医食同源”と相通ずるモノがあるではないですか?
皆さんも普段食べてる野菜や肉や魚が、
自分のカラダにどんな影響を与えるか、考えてみませんか?
亮太