kurkku


2009年 10月

2009.10.29 (Thu) 最終試食
tentyou_1029.jpg
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、kurkku 3の主役とも言える蕎麦。
つなぎを一切使わない十割蕎麦とオリジナルのつけダレ。
今日はその最終確認。
本当に美味しいタレが出来上がりました!
社長もご満悦のご様子。

和也、本当にお疲れさまでした。

一口食べると、もう一口食べたくなる、後味ひく魔法のタレでございます。
早く食べて欲しいなぁ。
2009.10.27 (Tue) 真剣
tentyou_1027_1.jpg
tentyou_1027_2.jpg
お店の内装外装や料理を”ハード”というならば、中で働く人は”ソフト”。
料理はモチロン美味しいのは当たり前。
だけどそれをサーブする人間がダメであればお客さんはもう来ないのです。

キッチリとメニューを仕上げてくるシェフの和也に対して、リクルートは僕の大事な役割のひとつ。
“人”はkurkku 3のメインテーマでもある。
日々面接が続いてるが、決して妥協する事無く、手を抜く事なく”人”を探してます。

下の写真はホールにどんな風に人を配置するか、動かすかを考えてるの図。
スポーツで言う所のポジショニング。
適材適所。そして的確なゾーニングが勝利の鍵なのはお店だって同じ。
これまた、真剣です。
2009.10.23 (Fri) 試食会

いよいよというか、ついにというか試食会でございます。
kurkku kitchenのシェフ、しんのすけさんと

mother kurkkuシェフ、和也によるプレゼン。

tentyou_1023_1.jpg

tentyou_1023_2.jpg

目にも舌にも楽しいメニューがどんどんと出て来る。
その料理を沢山のスタッフ達と「味」「見た目」「ボリューム」「価格」の項目を5段階評価で確認していく。

tentyou_1023_3.jpg
それらの意見を元に細かく各項目について手直しが行われるのである。
一口食べて「ウーム・・・」、一口食べては「ウーム」を繰り返す。
大事な作業なので気が抜けないんだけど、
基本的に全部美味しいので(あー、ワイワイと楽しく食べたい!)という
キモチにもチラホラなってしまうのです。

この日は同様にワインも試飲会が行われた。
ワインとシャンパン、併せて15種類程を味見していく。
ワインは大好きだから、これまた嬉しいんだけど、

全部終わる頃には結構酔っぱらってた・・・。
それぞれホンの一口ずつしか飲まないんだけど、
なんせ種類を飲む事で脳が”沢山飲んでルヨー!!”と勘違いするらしい。
なるほどー、だからチャンポン(複数の種類のお酒を同じタイミングで呑む事)すると酔っぱらうのかもなー。
なんて事を思いながらキモチよくなったのでした。

料理もワインも美味しいですぞ!お楽しみに!

2009.10.20 (Tue) もみもみ

tentyou_1020.jpg

ミーティングに次ぐミーティング。
ミーティングして、各々持ち帰って、その結果をミーティング。

“議会で案件を揉む”って言葉がある。
この場合の”揉む”ってのは辞書で調べると、
「両方のてのひらで物を挟んでこする」とあるが、
この場合は「意見を出しあって十分に議論する。」である。

なるほど、どんどん内容が柔らかくなり、具体性と方向性を帯び、
そして繋がっていくのが感覚としてわかる。

根気よく、大事に。
今日も大人数で”もみもみ”してますよ。

2009.10.15 (Thu) 広めてくれる人

せっかく良いモノを作ったとしても、それを誰も知らなければタダの自己満足になってしまう。
沢山の人にまずは知ってもらう為に、メディアを通して情報を発信しなければいけない。
そのスペシャリストがコチラの方々。

tentyou_1015.jpg

左から長谷川さん、上原さん、伊原さん、杉井さん。
kurkku 3は色々な企業のユニットプロジェクトなので、皆さんもそれぞれの会社の広報部の方々。
ここでもスペシャリストの広報ユニットが生まれるワケです。
これからメディアで目にするかもしれないkurkku 3の情報は彼
らが発信源です。
お見逃しなく!