kurkku


2011年 8月

2011.08.26 (Fri) 【山形県・高畠町】世界をめざすワイナリー@高畠ワイン

地方へ行こう隊!のカワモトです。

東北のワインといえば高畠ワイナリーを
ご存じの方もいらっしゃると思います。

ap bank fes’11のkurkku kitchenでも
こちらのスパークリングワインが大人気でした。

fesワイン.JPG

こちらが高畠ワインさんです。
素敵な建物の中には工場と売店があって
一般の見学も積極的に受け入れています。

0825-外観.JPG

0825-ワインのできるまで.JPG

お話しを伺いました取締役製造部長の川邉さん
0825-川辺さん.JPG

アメリカのワインの銘醸地、ナパバレーにて
日本人初の醸造責任者として15年のキャリアをもつ
ワインのスペシャリストです。

じつはここ山形県南部の高畠町は
ナパバレーの緯度とほぼ同じベルトに入るそうです。

葡萄の収穫時である秋口の昼夜の温度差が大きく
ミネラル分豊富な土壌に恵まれ
良質なブドウ栽培に非常に有利な土地なんです。

世界品質のワインが出来るポテンシャルは
充分あるのだと伺いました!スゴイ!!

工場の様子や醸造タンクを回りながら
ワインの行程を教えて頂きました。

0825-機械1.JPG

0825-機械2.JPG

0825-機械3.JPG

0825-タンク.JPG

0825-樽.JPG

0825-様子.JPG

こちらの高畠町は明治時代から生食用の
ブドウ栽培を行っています。
特にデラウェアの産地として有名です。

高畠ワインの契約農家は約50件
生食用ブドウ栽培をしていた経験を生かすために
ワイン用のブドウ栽培ではめずらしい平棚式と
良質な土壌を守るために減農薬での栽培を心がけています。

生産者は平均65才と高齢化が進み
後継者がいない方もいるそうです。

お話しを伺った川邉さんから
生産者のみならず、製造者も含めた
「人づくり」がこれからの使命だと伺いました。

世界に通用する日本ワインに乞うご期待!

0825-ワイン.JPG



2011.08.24 (Wed) 【岩手県・二戸】自然栽培の雑穀を作って vol.2

「種をタイミングよく地面に落とせば、
自然が守って育ててくれる。
私が育てるんじゃないんです。
自然を守ることで、実りを恵みとしていただく。
それをお客さんに届けることで
代価としてお金をいただいているのだと思います」

尾田川さん写真.jpg

もともとは原木シイタケを作っていた尾田川さんが
無農薬の雑穀を作ろうと思ったのは、
娘さんのアトピーを治したいという気持ちから。

農薬を使わずに安全な作物を作りたいと思ったとき、
縄文時代からこの地で育ってきた雑穀の価値を
再発見しました。

「岩手県のなかでも、海沿いの20キロくらいの土地には
山背(やませ)と呼ばれる冷たい風が吹いて、
もともとは稲作ができなかった。

でも山背のおかげで、虫の成長も遅く、
自然と調和した無農薬の雑穀作りができるんです。
雑穀ならではの価値と魅力を、雑穀文化として伝えたい」

0819-6.JPG

尾田川さんに案内していただいた畑は、
尾田川農園としても古いおつきあいの契約農家、
馬場さんのもの。

雑草がほとんどない、とても綺麗な畦ですが、
なんと農薬は使っていないとのこと!

「この畑の美しさは、馬場さんが何十年も手をかけてきた、
その成果です。
無農薬でもここまでの畑にすることができる。
もちろん、並大抵の努力ではありません」

0819-7.JPG

尾田川さんの今の願いは、
二戸地域全体を「雑穀ブランド」の土地として育てていくこと。
道の両側に雑穀を植えた「雑穀ロード」、
そこでは雑穀についての情報も得ることができ、
雑穀を使ったレストランもある。
畑をのぞいて、どんなふうに農作業しているのかを
見ることもできる。

その土地の歴史、魅力を生かした農業が増えれば、
旅行での楽しみも違ったものになりそうです。

2011.08.18 (Thu) 【岩手県・二戸】自然栽培の雑穀を作って vol.1

みなさん、mother kurkkuの期間限定メニュー、
「カマンベールチーズの雑穀リゾット」は召し上がりましたか?

0818-リゾット.JPG

押し麦と白干しひえの食感が楽しい一品は、
冷たいワインに合うと大好評でした。

今回は特別メニューに自然栽培の雑穀を提供していただいた、
岩手県・尾田川農園さんを訪問します。

全国的に猛暑だった8月のある日、
岩手県北部の軽米町も「珍しい」と言われるほどの暑さ。
それでも、日陰に入るとさわやかな山の空気が感じられます。

尾田川農園さんに向かう途中から、
あざやかな穂の色が見られるように。
地域全体で雑穀を育てているのがわかります。

岩手県は雑穀の国内生産量日本一。
雑穀はお米のように精製しないので、
守秘の中に含まれる植物繊維やビタミン、ミネラル、
カルシウムなどの栄養価をそのまま取り入れることができる、
嬉しい食材なのです。

0818-1.JPG

見たことがない紅い穂こそ、
二戸地域の特産品、アマランサスです。

0818-2.JPG

アマランサスは中南米原産の穀物。
古代インカの主食だったといわれ、
カルシウムをはじめとするミネラル、
とくに鉄分が多く含まれるほか、
植物繊維、タンパク質も豊富な注目の雑穀です。

尾田川農園さんは、最初にアマランサスの種をまき育てたという、
日本にアマランサスを根づかせたパイオニア。

「安全な食べ物を届けたい」という思いから、
無農薬・有機栽培での雑穀づくりを始めたのが、
こちらの尾田川勝雄さんです。

0819-5.JPG

今や二戸地区全体にまで大きく広がった
無農薬契約栽培での雑穀作りは、
どのように始まったのでしょうか?

次回は、土地の利を生かした、
無農薬の雑穀栽培についてお話をうかがいます。

2011.08.17 (Wed) 【山形県・小国町】山と森に生きるマタギの里

地方へ行こう隊!のカワモトです。

今回はkurkku kitchen木村店長とmother kurkku林店長と共に
山形県の生産者をたずねました。

これから紹介致します柳沢さんに
同行した3人が3人共、感動をしてしまいました!

柳沢さんはマタギの方です。


0817_柳沢さん.JPG
 

 
マタギって??
すぐに想像するのはクマをハンティングする光景ですが・・・
非常に穏やかな方です。

マタギ文化は狩猟の民として古くから
東北や北海道に受け継がれています。

こちらの小国町は面積の9割を森林で占める
山と森に恵まれた場所で日本でも有数のマタギの里です。

0817_畑.JPG

柳沢さんの出身は千葉県です。
マタギに憧れてこの地にたどりついたそうです。

「全ては山にある。マタギは生きることと同じ。」だと伺いました。

冬の時期は狩猟を行いますが
春になれば山菜を採り
秋になればキノコを採り
通年で楢を伐採して木炭を焼いています。

0817_炭小屋.JPG

0817_炭小屋柳沢さん.JPG

マタギにとっては山が生きる場所なんですね!

しかし、山の中の森の状況がどんどん変わっているようです。
温暖化・酸性雨・害虫などにより木が枯れてしまったり
小動物が少なくなり、里に人がいなくなっていることから
クマやサルが里山に下りてくるようになっています。

森林にも天然林と人工林があって
天然林は自然の力で生まれ育ち、ほとんどが広葉樹なので
落ち葉から森の生態系をつくります。
 
人工林は日本の森林の4割にあたりほとんどが針葉樹です。
多くは戦後に植えられたもので、収穫期を迎えているので
人の手を入れる必要があります。

そしてその中間のに位置する雑木林は
里山を構成する身近な資源として人間の生活と共存していました。

しかし近年では石炭や石油を中心とした資源を
活用するようになり手つかずの里山が増えています。

里山は伐採と再生を繰り返し
手を入れることで元気になる山なので
柳沢さんは炭の材料を里山から集めています。

そうすれば野生動物が里に下りてきたり
ナラ枯れといった病気も防げるようになるのです。

山と森が生きる場所のマタギが
森林保護の観点から森に入れない地域もあるそうです。

昔から山と森と共生をしてきたマタギ文化と
開発によって山や森林を壊すことは別の話なのですが。

0817_店長たち.JPG

柳沢さんから「ナラ枯れ」の話を何度も伺い
本当に山と森を大切にしているんだなぁ~と実感しました。

0817_ナラ枯れ.JPG

0817_山をみる柳沢さん.JPG

kurkku kitchenで使用している炭と薪は、柳沢さんのものです。
季節によっては野菜や山菜などがメニューで提供されます。

kurkku kitchenにご来店の際に、思い出してみて下さいね。

2011.08.11 (Thu) 【群馬県・赤城・深山】土づくりからはじめる蕎麦vol.1

こんにちは!地方へ行こう!隊カワモトです。

今回はkurkku3で使用している蕎麦粉をご紹介します。
kurkku3で扱っている蕎麦粉は宮本製粉さんが生産者と協働で
土づくりから始めたこだわりの蕎麦です。

蕎麦のお話を伺いに練馬区にある
宮本製粉さんに訪問しました。

food-0811-miyamotoseifun.jpg

宮本製粉さんは明治時代から続く老舗の製粉会社です。

food-0811-souko.jpg

大きな倉庫が印象的。

そこでお会いしましたのは
赤城・深山ファームの高井さん(左)と宮本製粉の荒川さん(右)です。

food-0811-ofutari.JPG

こちらは畑で撮影されたものをお借りしました。

お話しを伺うと
「美味しい蕎麦をつくるには、いくら名人がいても原料の蕎麦が美味しくないとつくれない」

なるほど確かにごもっともです。

「美味しい蕎麦をつくるには土が大切で、農薬や化学肥料を使うと土が硬くなり土の栄養素が足りなくなる」

なるほど。なるほど。

植物の三大栄養素は「窒素」「リン酸」「カリウム」です。
その栄養素を牛・豚・鶏の糞を時間をかけて発酵させた堆肥でまかない、
その次に大切な「マグネシュウム」「カルシュウム」を
苦土と石灰を数年に一回入れることでいい土ができるそうです。

food-0811-tuti.jpg

美味しい蕎麦を求めてたどり着いた場所は
群馬県の赤城山のふもとにある畑でした。

food-0811-akagiyama.jpg

今まで農業とは無縁であった高井さんに荒川さんが
6年前に冗談半分でソバの栽培に誘ったのがはじまりでした。

高井さんは造園関係のお仕事をしていたので
植物を触る事はなれていましたが
農業は始めての試みとのことでした。

そこから失敗と成功の繰り返しで
美味しい蕎麦がつくれるようになったそうです。

food-0811-soba.jpg

こちらは今年の夏蕎麦の写真です。

畑に訪問するのは9月の中旬を予定しております。
秋ソバの花が咲くころに伺いますので
またこちらのブログでもご紹介いたしますね。

kurkku3ではこちらのメニューを展開中です。
耕すのキタアカリを作った冷製じゃがいもだれ蕎麦」です。

food-0811-jyagaimo.JPG

こだわりの蕎麦粉を使用したお蕎麦を是非ご賞味下さい。

カワモト